This Archive : 2008年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.29 *Sun

あなた私のもとから突然消えたりしないでね二度とは会えない場所へひとりで行かないと誓って

【イン・ザ・カット】
×

始まって15分くらいで、「おもしろくないなあ…全部観るのやめようかなあ…」と思ったのですが、とりあえず最後まで観てみることに。
うん、おもしろくなかった!!
よくわからないし、無駄が多い。
主人公がだらしなくて全く共感できないし…。
中身がない。
残念。
スポンサーサイト
| 映画 |

2008.06.27 *Fri

もういちど生きてゆくとしてもまた同じ人生をたどるだろうぼくがこうしてぼくである限りぼくはきっと自分を生きるだろう


人生の砂漠を
私は焼けながら彷徨う・・・

そして自分の重荷の下で呻く

だが どこかに
ほとんど忘れられて花咲く
涼しい日陰の庭のあるのを
私は知っている

だが どこか夢のように遠いところに
憩いの場が待っているのを
私は知っている

魂が再び故郷を持ち

まどろみと夜と星が
待っているところを・・・





そんなわけで「ファンタジックチルドレン」買いましたv
ずっとDVDを欲しいと思っていて…、でも自分の性格からして、発売されてすぐだと熱にうかされてあの作品もこの作品も!とどんどん買ってしまいそうなので、ちょっと寝かせると決めているのです。
時間が経って、それでも欲しいと思うなら買う。
後で忘れてしまうようなものはなくてもいい(あってもいいけど)
うちは狭いの…!
マンガ全部実家に置いてきたんだから!!

上の詩は本編に出てくるヘッセの詩でした。
ミステリアスファンタジックアドベンチャー的ラブストーリーです。
壮大すぎて当時かなり衝撃的でした。
500年の間、目的を果たすために11年の人生を繰り返す子供たち。
タイトルがちょうどそれっぽかった。

あーやっと買ったわ…さすがに3年は寝かせすぎたかも。
DVD買ったの何ヶ月ぶりかしら(コレの前、マジプリ…?)

2008.06.27 *Fri

凍りついてた心のドアをあっけなく開いた君

渡辺直美がテレビに出てると母のテンションが上がります。
好きらしい、てのは知ってたけど…この度、「ビヨンセのDVD買う」とか言い出しました。
お母さん…!
それ何か違うと思う。

2008.06.26 *Thu

もう二度とここへは戻れないでもそれを悲しいと決して思わないで

【雨鱒の川】


うん…。
甘酸っぱいね!
| 映画 |

2008.06.24 *Tue

安心しなよ君は特別不幸じゃない

テレビ(正しくは録画したもの)で…ワンピースの、ルフィの「ゴムゴムのガトリング(カンジワカラナイ)」を観ながら、「エドはるみ…」と呟いた午前4時くらい。

2008.06.21 *Sat

あの届かない想いは忘れられた約束は雨に打たれたまま置き去りにされて




雨降りて万朶の花咲く
庭に小道に街に空に
朝も日も星出てなお





新しい傘が欲しいなあ。

2008.06.19 *Thu

今日の日を想い出にそっと残しましょうそして心の垣根に花を咲かせましょう

Zepp Fukuokaまで大野智さんの個展に行って参りました~。
東京であってた時、家が近かったら行くのにな~…と思っていて、だからこっちで見られると知った時は嬉しかった…!
トシコお誘いありがとうv
入場料はタダだけど、予約応募制ということで…それでもすごい人でした。

やー、内容も凄かった!
粘土細工も写真も絵もオブジェもコラージュも細かい…!
おーのさんてこういう性格なのね…ていう感じでした(どんなだ)
おーのさんのうつった写真の前で、そこここから女性の「かわいーv」の声が乱れ飛んでいて笑えました。
うんうん、かわういvvv
嵐のツアーがあってたからか、個展のグッズの他にコンサートグッズもあったようで…。
すごいなあ、ここにいる人って皆おーのさんが好きなのかしら…多かれ少なかれ。

才能あるといいなぁ…。
羨ましくて、憧れます。
この人の目には世界はこんな風に映っていて、それをまた自分なりの形にできる能力がある。
おーのさんの世界は、かっこよくて、かわいくて、バカバカしくて、よくわからなくて、時々気持ち悪くて、怖くて、綺麗で、緻密で、繊細で、カラフルで、自由でした。
観に行ってよかったですv

2008.06.16 *Mon

人は誰も振り返るまで時の流れに気づかない人は誰も目を覚ますまでそれが夢だと気づかない

すみません。
主語がありません。





最近、いろいろありますが。
なんだか不思議な世の中になったものだと思います。
何も触れないで、いつもどおり笑ってる人だって、何も思わなかったわけじゃないと思う。
「たくさん考えるし、すごく悲しいけど、自分は言霊ってあると思うから、明るいことしか言いたくない…」と私の大好きな人が言っていました。
そんな考えも、普通にあるし…わかるし。
たしかに、表に出してない分、伝わらなくて誤解されることもあるだろうけど。
その向こうにある大切な部分を、見失わないようにしたいです。
涙を流していないからといって、悲しくないとは限らないものね…。
前向きでいようと頑張っている人もきっといる。
そう信じて祈ります。
今具体的に何かできなくても、これからたくさん、何でもできる。
そうやって、少しずつ返していこうと思います。

2008.06.15 *Sun

降り出す雨が味方する誰もが泣いているみたい


雨です。
つまらないわ。
わけもなく気分が落ちてしまいます。
端から見るとごろごろしてるだけですが(雨の日はねむい)

いろいろないろいろが気になったりもします…文章は難しいです。
でも冷静に考えると、そんなものは大抵、自意識過剰だったり被害妄想だったりして…。
まぁあったかいお茶でも飲みましょう。

緑茶はいいものほど高い、高いものほどいい、という分かりやすさが好きです。
作り手と売り手のプライドだよね。
尊敬します。

でも実際にはたっかいお茶なんてなかなか買えないので、入れ方を工夫します…。
あ~…染み渡る…。

そういえば私、マイ湯呑み持ってないなあ。
マイカップはいくつかあるんだけど。
母が食器とか陶器とか好きなので、2人暮らしなのにたっくさんあるのです。
…家出てく時、良さげなのこっそり持ってこう…(笑)

2008.06.14 *Sat

自分のこと大切にして誰かのことそっと想うみたいに

【UDON】


おもしろかった!
うどん食べたくて仕方なくなる映画ですね…。
うどん…米・餅・豆腐に並んで、私を虜にする食べ物…(全部白い)
今うどん目の前にしたら、思わずプロポーズするに違いない。
日本人でよかった~。
| 映画 |

2008.06.13 *Fri

確かなことは何も見つからないけど君が好き

…。
前の記事、タイトル長いなあ…。

それだけ(笑)



世の中には歌が溢れているので、タイトルに困ることはないわ~。

2008.06.13 *Fri

痛みが走るそのたびに鉄のように堅いこころならどんなにいいかと誰もが考えてしまうものだけどこの心と生きなければ同じ痛みを誰かに感じさせまいと思えるそんな君にはなれない

【21グラム】


人が死ぬと、体重が21グラム減るのだそうです。
命の重さの話。
最初はよくわからなくて…二度観ました。
事故の、被害者と加害者。
ドナーと、レシピエント。
親と子。
命が生まれるということ、育つということ。
生きるということ、死ぬということ。
たとえ何があっても人生は続く…と、映画の中で何度もありました。
例えば親がどうなっても…これは、3つの例。
例えば子供がどうなっても…これは、2つ。
いろんなパターンで示されてます。
会うべくして会った、とか…実際にそうなのかはわからないけど。
切ないです。
どうして、とたくさん思うけど、どうしようもなくて。
うーん…。
| 映画 |

2008.06.13 *Fri

情報が誘惑が溢れてるこんな時代だからこそ僕達はそれぞれの選択をしていくべきなのだろう

【ファースト・ターゲット】
×

…お、もしろくない…。
大統領暗殺とか…そういう題材、多いなあ。
| 映画 |

2008.06.12 *Thu

大切なものはこんなにあふれているはずなのに悲しみはどこから来るんだろう

本格的な豆腐がおうちで作れます☆
という機械がある…とテレビでやっていたので、ちょっと食いついて見ていたら。
いちまんごせんえんだってよ…!
そのお金で豆腐が何丁買えるとお思いよ…。
だったら普通に自分で作ります、だって作り方は普通だったもの。
…あー、豆腐たべたくなってきた。

2008.06.11 *Wed

疑うより信じていたいたとえ心の傷は消えなくても

【ライフ・オブ・デビット・ゲイル】


おもしろかったー。
題材が死刑についてのもので、ミステリーになってます。
たった四日で真犯人を見つけるために死刑囚の話を聞くのだけど…真相がとんでもない。
信念のためにそこまで…!
すごい。
こわい。
自由の鍵は自分の中にある…とか、他にもいくつか、ブラックな皮肉がアメーリカらしい。
伏線やツッコミどころもきちんとあって、もう一回観ても飽きないですね。
| 映画 |

2008.06.11 *Wed

星が森へ帰るように自然に消えてちいさな仕草もはしゃいだあの時の私も

【イン・ザ・プール】


ドタバタ。
人の幸せなんて知りたくもない、そんなもの知ったって仕方ないんですよ…。
という言葉が印象的でした。
あと、スイカ切ったら中身は種だけってのがすごく印象的で、作ってみたいと思いました。
あと、マーブルチョコを大量に買って、色ごとに分けるというのが印象的でした。
あれもやってみたい…けど、やった後気持ち悪いだろうな…赤だけ青だけ黄色だけ、のチョコレイトの山々。
でもチョコレートだから食べるんだろうな…。
| 映画 |

2008.06.10 *Tue

眼に映るものだけがいつもすべてじゃない聞こえてくることだけがすべてじゃないんだ

【それでもボクはやってない】


いい役者ばっかしv
冤罪って証明するの大変だわ…。
この映画は目撃者がいたり協力者がいたりして、それでもまだ無罪にはならなくて…。
控訴できます、と言われて間髪入れずに「控訴します」と言った加瀬亮はカッコイイけど、すごく怖い映画だなあ…。
実際に、こういう世の中なんだからもっと怖いです。
| 映画 |

2008.06.10 *Tue

日々募る失望だって七色に変えて街へ出かけよう

【8 Mile】


鎖国してた島国の人間にはイマイチ飲み込みづらいです。
黒かろーが白かろーがうちらから見たら外国じーん。
こう…ライムだのーリリックだのーを省いてみると、少年が大人になってくまあまあいい話。
でもリリックがほとんどで、かつその中身が罵りの言葉なので、全く楽しくないです。
| 映画 |

2008.06.10 *Tue

どこかであなたも頑張っているんだね大丈夫だよちゃんとわかっているよ


なんていうの…。
「モヤッと」という言葉があるじゃないですか。
あれ、なんか…。

すき。

番組は問題が簡単なものが多くてつまらないから観てないけど。
モヤッと…モヤッと…。
うーん、いいねー(笑)
モヤッとした気分はイヤだけど、この語感が。
次に猫飼ったら名前に付けたいくらい好き。
その時は、こう…もわもわっとした感じの、微妙に毛の長い猫で。

2008.06.07 *Sat

それぞれの道を選び似たような場所で転び何度も起き上がり進むまたここで会えるまで

【ラッキー・ブレイク】


脱獄のはなし…。
な…中身ない…。
キャラはよかった、何人かは。
| 映画 |

2008.06.05 *Thu

うつむいて取り残された場所を深く掘ってみよう泉が眠るはずよ

ぼよーん…。
外に出たのに、図書館に返す本を家に忘れてきたのを思い出して車の中で一人テンション低く叫ぶ…(←難しいよ)
そうこうしてるうちに目的地を通り過ぎ。
そしてカレーを作ろうと思っていたのにカレールウを買い忘れて帰って来てしまいました。
…雨のせいやもん…(今日晴れてたけど)
そんなわけでチキンカレーの予定が唐揚げに。
あと海苔。
あー今日の朝、豆乳飲んだっけ…飲んでないんだっけ…思い出せない。
うん、やっぱ雨のせいやな…。

2008.06.04 *Wed

まっさらなアスファルトだって汚してありのままの世界を美しいって言えるように

昨日お昼にさんざん寝たくせに、夜にも寝てやたらスッキリ。
睡眠は一番の美容液だよね…。
また最近ちょっと寒いのが寝やすいんだv

チェックしてるブログの更新率が高いとなんだか嬉しい。
数から言えば、そんなに多いわけではないのにさ。

今日は母の日なので、朝から肩を揉む。
凝りまくっていて、母が楽になるにつれ私の手が動かなくなる。
毎日朝晩とやっていれば、腕細くなるんじゃ…などと思う。

私のバーバママのビーズクッションを、母が「くろちゃん」と名付けて愛用している。
バーバズー(黄色)もあるんだけど、こっちには興味はないらしい。
てか黒いからくろちゃんって安易なネーミングセンスだね。
子供の名前もそんな調子だったに違いない…。

バーバパパのグッズはいろいろあるけど、みんなツルツルなのである(当たり前)
私はバーバモジャが好きなので、ビーズクッションも持ってはいるけど、「これがふっさふさだったらなあ…」と思うのである。
小物とか実用的なものは手入れが大変だからワガママ言わないけど(笑)
…いつか…自分で作るかもな…モジャ。

2008.06.03 *Tue

さらさらと手を振った引き返す道はなかった白い雲の隙間から鳥が自由に飛んだ

【Jam Films S】


ショートフィルム集。
おもしろい。
つまらないものはなかったですね。
遠藤憲一が足が長くてかっこいい。
石原さとみがめちゃくちゃ若かった気がしたんだけど、何年前の映画だろう…。
| 映画 |

2008.06.02 *Mon

いくつもの弱さも見捨てないで連れて行こう

【アサルト13 要塞警察】


犯罪者と警察官が協力して謎の武装集団に立ち向かう、ってのはおもしろそうなあらすじですが。
最初っから最後まで殺しすぎじゃーい!!
え、この人もこの人もこの人まで死んじゃうの…(汗)って、なんか…あんましそういう裏切られ方は…パス。
まあテンポはよかったですよ。
アクションは手に汗握ってましたし(母が)
| 映画 |

2008.06.01 *Sun

選ばなかったから失うのだと悲しい想いが胸をつらぬく

【ザ・シークレット・サービス】


ジョン・マルコヴィッチの睫毛の長さにびっくり。
大統領暗殺を謀る側が、安全策を逆手にとって潜入してくるのがすごい。
苦手なタイプの話かと思いきや、見終わってみたら結構おもしろかった。
殺し屋の側の内面を思うと、なんだか寂しかったけど。
| 映画 |

プロフィール

朋

Author:朋
日々の出来事とか常日頃ぼんやり考えていることなどを、徒然なるままに行き当たりばったりに不定期にマイペースに煩悩の赴くままに書く。かも。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



06
--
6
8
9
17
18
20
22
23
25
28
30
--
Copyright © 空の、青と青のように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。