This Archive : 2010年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.22 *Fri

きっといつか疲れて全てを消してしまいたくなっても君の声が僕を呼び戻す

【硫黄島からの手紙】


ずっと前から観たいと思っていたのに、戦争映画を観る元気がなくて、観られずにいました。
やっと観られた。
やっと。
クリント・イーストウッド作品はいい。
ことごとくいい。
海の向こう、言葉や文化や髪の色が違っても。
思うことは、望むことは同じ。
観てよかった。
スポンサーサイト
| 映画 |

2010.01.21 *Thu

やみくもな鼓動がいつの間に私を追い越して絡まった気持ち

【バンディッツ】


脱獄犯2人のコメディ。
おもしろかったー。
いい感じに騙されました(笑)
| 映画 |

2010.01.21 *Thu

はしゃいで心ひらいて笑いあったりたまに涙も流したりして普通の日々に普通に君がいるだけで僕は十分に満たされる

【フォロー・ミー】
×

上流階級出身の夫が妻の浮気を疑って素行調査を依頼。
妻は慣れない生活に街を一人で歩くだけだったのに、探偵に心を惹かれてしまう、と。
…探偵が気持ち悪い!
話は…うーん、奥さんがかわいそうでかわいそうで。
旅好きで好奇心旺盛で明るくてかわいくて、なのに結婚後に夫が自分の意見押し付けてばっかしで奥さんの気持ち考えもしない!
あげく浮気を疑うとはなんたるちゃ…。
でもあんな変な男に心許してはいけませんよ奥さん。
探偵なのに白いコートって。
| 映画 |

2010.01.20 *Wed

不思議だな君が笑うと僕は少しだけ強くなれるんだ

【ペギー・スーの結婚】


あ、この映画コッポラ監督作品だったのね。
主婦が25年前のハイスクール時代にタイムスリップするお話。
まあまあ。
楽に見れるのでお昼に見るのがよいです。
| 映画 |

2010.01.17 *Sun

どんなに大切でも言葉にも形にも出来なけりゃ優しさなど無意味さ

【ミッシング】


トミー・リー・ジョーンズはもう宇宙人にしか見えないなぁ…CMのチカラってスゴイ。
昔のアメリカ西部を舞台にした家族ものです。
面白かった…たぶん。
でも残酷。
殺したり傷つけられたりが当たり前の世の中で、それでも生きていかなきゃいけなかったのね。
結局女性ばかりが生き残って、女って強いのだなと思ったり。
| 映画 |

2010.01.16 *Sat

僕は僕の人生も運命も抱きしめてゆこうひとつひとつが輝くために春夏秋冬を走って走って走って走って

【ミヨリの森】


うん。
悪くない。
ファンタジーは好きです。
| 映画 |

2010.01.15 *Fri

誰のでもない名もなき道を明日もそう夢に向かって悩んで笑って笑って

【プラダを着た悪魔】


うむうむ。
好きだ。
綺麗になっていく女性を見るのは楽しいものです。
| 映画 |

2010.01.13 *Wed

心に形なんかない逆を言えば自由自在に姿を変えて行けんだ

【ポワゾン】


文通だけで結婚相手を選んだ男女。
男は金持ちであることを隠し、女は美人であることを隠していた。
会ったその日に恋に落ち、そのまま結婚式を上げた2人は幸せに暮らしていたが…みたいな。
強くないアントニオ・バンデラス初めて見ました。
アンジェリーナ・ジョリーは綺麗だけどやっぱりアンジェリーナ・ジョリーでした。
全体的には面白かった。
女性は強くて弱くて強いものなのだなーと改めて思いました。
| 映画 |

2010.01.11 *Mon

あなたを好きということだけであたしは変わった

【スウェプト・アウェイ】


マドンナー!
筋肉がカッコイイ。
お金持ちマダムと、豪華クルーズの一船員が無人島に流されて立場が逆転。
そこから愛し合うあたり、アメリカ映画だわ…。
途中までおもしろかったけど、ラストが切なかったので△。
| 映画 |

2010.01.11 *Mon

忘れない忘れないよ忘れてく忘れてくよゆるしてね身勝手ねしずかな瞳で過ぎさってゆく季節だけ色とりどり瞬くの

【姉のいた夏、いない夏】
×

うん…面白くない。
自殺した姉の足跡をたどって旅をする妹の心の成長の物語なんですが。
それだけです。
そのまんまです。
残念。
| 映画 |

2010.01.11 *Mon

消えないうちに愛を預けておくから切ないときには開けてみればいい

【Life 天国で君に逢えたら】


世界的プロウィンドサーファー飯島夏樹さんとその家族の、ほんとにあったお話。
かなり意外とサッパリ観られました。
ソフトボール大の腫瘍って…!
うーん…。
もうちょっと長くても良かったかも。
もっとじっくり観たかったな~。
映画よりドキュメンタリー番組を見た方が良かったのかもしれない。
| 映画 |

2010.01.08 *Fri

分からないなら信じるしかない目を閉じてては知ることもできない

【理想の女】


いい映画…。
オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を映画化したものだそうです。
あ、舞台はアマルフィだったのね。
純粋な若奥さんと、奔放な恋愛遍歴のある女性。
若奥さんは女性と夫の噂に翻弄されていくのだけど、実は女性は奥さんの母親で…。
ていう。
この母娘がすごい美人で、びっくりします。
他の人霞むわ~。
| 映画 |

2010.01.08 *Fri

たくさんのもしもをもつのなら私の心はそのとき喜びが散らばり始める

【昔みたい】


奥さんが弁護士、旦那さんが検事…という夫婦。
奥さんの元夫がトラブルに巻き込まれて強盗犯として指名手配され、奥さんを頼ってくる。
その公判の弁護を奥さん、検察を今の旦那さんがやるというお話。
おもしろかった。
奥さん役の人がすっごい若く見える。
| 映画 |

2010.01.07 *Thu

今ここにいる僕が僕のすべてそれだけは変わらない

【ふたりの男とひとりの女】


ジム・キャリー主演の、二重人格の男性のお話。
奥さんが浮気した相手が黒人で、明らかに子供たちは浮気相手の子供なのに、その事実から目を逸らしていたために精神分裂を起こす。
…かわいそうすぎる。
奥さんは結局家を出てくんだけど、子供たちは連れて行かない…何故!?
奥さんと浮気相手はどちらもハンパなく頭のいい人で、子供たちも皆もれなく頭がいい。
アメリカ的心あたたまるお話…だそう。
最後はハッピーエンドだけど、全体的に品がなさすぎる…。
| 映画 |

2010.01.06 *Wed

帰る場所をみつけたくて自分の真ん中でささやくないものねだる子供だからただ、今をはやく伝えたい

【愛されるために、ここにいる】


五年前の作品なのに、昔っぽい画像で雰囲気があります。
さすがフランス映画。
全体的に詩的です。
不器用に真面目に生きてきた中年男性と、結婚を目前にした女性とのお話なんですが。
女性の婚約者には悪いけど、観ている間じゅうずっとこのメインの2人にうまくいってほしかった。
婚約者の男性に何の落ち度もないんだけどね…。
中年男性とその父親の関係に泣けます。
大切に思う気持ちは、その時に伝えなければ。
そう思った作品。
タンゴがすごい効果的で、なんだか少しぽうっとなってしまいます。
| 映画 |

2010.01.05 *Tue

流れるまま捻れもせず曲がりもせず真直ぐな生き方を貫くのは難しいことだけど

【K-19】


これまたハリソン・フォードが好き、という理由だけで観た映画。
潜水艦の中で起きたトラブルのお話。
男ってホントに仕方ない生き物ですね…。
見てて肌が痛くて痛くて…放射能コワイ。
でも途中ちょっと泣いた。
みんな英雄だよ!
しかしやり切れなかったので、やっぱ△。
| 映画 |

2010.01.04 *Mon

君の名を何度も呼んでいるからどんなときも僕の声がする方へ歩いてくればいい

【猟奇的な彼女 in N.Y】


元の韓国映画は観てないんですが、イメージしていたものよりずっとソフトでした。
もっと男の人がガシガシ殴られたり蹴られたりするシーンがあるのかと思ってて、そういうのがイヤで今まで見なかったんだよね~。
ちょっと変わってるけど全然猟奇的じゃない。
めちゃくちゃな行動にも理由があったのね。
正義感が強くてまっすぐな、かわいい女性だと思います。
男の人がすごい真面目でいい人で、女の人に振り回されてちょっとかわいそうだけど微笑ましい。
おもしろかったです。
全体的なテーマが哲学的で、軽いだけの恋愛映画ではなくて好き。
韓国の方も観てみたくなりました。
| 映画 |

2010.01.03 *Sun

伝わったらいいのに間違いでもいいのに

【サハラ 死の砂漠を脱出せよ】


なんかドタバタしてめっちゃくちゃだったけど…おもしろかった(笑)
女の人がペネロペ・クルスしかいなくて美しいことこの上ない。
| 映画 |

2010.01.03 *Sun

儚く季節は巡っても君を想っているよ

【パトリオット・ゲーム】
×

ハリソン・フォードが好きなのでなんとなく観てたら、ショーン・ビーンが出ててひゃっほう。
でも中身はあんまりおもしろくなかったです。
愛国ってより、家族愛みたいな…?
仕返しの繰り返し、やりきれない気持ち。
なんだかな。
| 映画 |

2010.01.01 *Fri

一人じゃできなかった絶対やれなかったいつも支えられてここまで歩いてきた

明けました。
昨年中は大変お世話になりました。


生きるということは、選択の連続です。
去年一年も、たくさん選び、そして選ばなかった。
自分にとって足りているから選べたのか、それとも足りてないから選んだのか。
選ばなかったものは、足りているから選ばなかったのか、足りてないから選べなかったのか。
きっと、選ばなかったことにも意味がある。
今年も悩んで泣いて怒って笑って歩いて走って立ち止まって振り返ってまた前向いて変わったり変わらなかったりたくさんたくさん楽しく私らしく過ごせますように。
今年はいらないものをどんどん捨てるぞー。


今年もどうぞよろしくお願いします。
皆さまにとっても、素敵な一年になりますように!

プロフィール

朋

Author:朋
日々の出来事とか常日頃ぼんやり考えていることなどを、徒然なるままに行き当たりばったりに不定期にマイペースに煩悩の赴くままに書く。かも。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



01
--
2
9
10
12
14
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 空の、青と青のように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。