--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.02 *Tue

いま会えないけれどぼくは元気でいるよだからいま会えないけれど君も元気でいるといいな

20100302193447
K美ちゃんから誕生日プレゼントが届きました。



私は自分の字に自信がなく、ずっとコンプレックスだったのですが…。
「字が綺麗」とか「字が下手」とか、そういう概念は日本にしかないらしく。
外国では、多少崩れていても「個性的な字」という風に見るのだそうです。
日本はひらがな・カタカナ・漢字と使い分けなきゃいけないし、バランスが難しいよね。
書き順にこだわったり、、見本の上をなぞったりするのも日本人特有らしく、そういった覚え方をするからこそ見本に近いものを「美しい、正しい」と思い、それから遠いものを「下手、汚い」と思うのだとか。
これを聞いて、全員が美しい字を書けるようにと教育するのはいいけど、個性を持った人が自信をなくすような日本ってちょっとどうなんだろう…と思いました。
字が汚いと人間性まで疑われたりするもんね。
そう考えると日本って差別的ってか神経質ってか心狭いってか人として小さい。
よく言えば、そんなところが職人的で技術力向上に繋がっているんだろうけど。
でも字が綺麗でも性格悪い人だっていっぱいいるよ~(笑)
とにかく何が言いたいかというと、この話を聞いて私は字がコンプレックスではなくなったということです。
もちろん、相手に読めないのとかはいけないと思うから、がんばって書くけどね。



で、長い前置きを終えて。
K美は書道を長いことやっていたので非常に字がうまい。
エクスパックで来たんだけど、そのまま取っておこうかと思うくらい(まぁ友達だからということもあるけども)
コンプレックスを克服したとはいえ、さすがにちょっと羨ましい(笑)
こんな字が書けたらなぁ…。
でもこの字は綺麗だけどそれだけでなくて、K美らしい字っていうか…だから私には書けないかな。
私はやっぱり私らしい字を書いていくんだろうな。
筆圧には自信あるんだけどな~(笑)



ちなみに荷物の中身は、K美の新婚旅行のおみやげと…私が去年の誕生日前にK美に
「誕生日プレゼント何がいい?」
と聞かれた際リクエストしたお菓子、博多ふくや『明太ロッシェ』。
明太子パウダーが入ったチョコレートです。
食べてる時は甘いのに飲みこむ時に辛いっていうお菓子…ウフフ不思議。
去年の分と合わせて二箱送ってきた!(笑)
一年待った甲斐ありました。
K美、ありがとう~v
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

朋

Author:朋
日々の出来事とか常日頃ぼんやり考えていることなどを、徒然なるままに行き当たりばったりに不定期にマイペースに煩悩の赴くままに書く。かも。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 空の、青と青のように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。