--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.04 *Tue

一切の情熱がかき消されそうな時にはいつだって君の声がこの暗闇を切り裂いてくれる

【unknown】

えー何コレいいよスゴイいいよ!!
あらすじ見た時は、アメリカって「密室に数人の人間が閉じ込められて云々」ての、ホント好きだよねえ…とため息ついたんですけど。
5人全員が記憶喪失で、うち3人が誘拐犯で2人が人質…なんていう内容に惹かれて借りてみた。
結局私もこういう設定が好きなのだなー。
なんで記憶を失ったのか…はすぐに判明するんだけど、断片的に戻る曖昧な記憶をどこまで信用していいものか…翻弄されまくりです。
誰が味方なのか、協力すべきなのか。
一切の記憶をなくしたら、自分は悪い方の人間ではないと思うんだろうか。
やっと外に出られたと思っても、まだ二転三転するし。
やー、これは久々にすんごいおもしろかった!
個人的に、1人ものっそいタイプの人がいて、この人はたとえ犯人側でも死なないでほしいなあ…と思っていたら、生き残ってくれたので大変満足です。
スポンサーサイト
| 映画 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

朋

Author:朋
日々の出来事とか常日頃ぼんやり考えていることなどを、徒然なるままに行き当たりばったりに不定期にマイペースに煩悩の赴くままに書く。かも。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 空の、青と青のように。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。